ライフスタイル

貯金に悩む人が減らすべき、コンビニの無駄遣い

コンビニ
Pocket

不安定な社会状況の中、将来に備えて日々貯金に励む人も多いのではないでしょうか。

そうは言ってもなかなか預金額が増えず、通帳を見ては溜息ばかり積み重なっている人が多いのも事実です。

大切なのは、なぜ貯金が貯まらないのか。その原因を分析することです。

原因が明らかになることで、ストレスなく預金残高の数字も増やすことができるはずです。

今回は実は家計を圧迫しているコンビニの無駄遣いに焦点を当てて、お金が貯金できない原因について紹介していきます。

貯金の基本は収入の増加と支出の抑制

貯金を増やす方は基本的に、以下の2つに大別できます。

収入を上げて入ってくるお金を増やすこと、そして支出を抑えてお金が減るのを抑えることです。

貯金ができないという人は収入と支出、両者のバランスが崩れてしまっているケースが珍しくありません。

収入が少なければ、そのほとんどを食費や家賃といった生活費に費やすこととなり、貯金にまで回す余裕がありません。

他方で十分な収入を得ていたとしても、毎日の出費が多くなってしまうことで貯金はいつまで経っても増えません。

支出の金額を減らしましょう

このように貯金の残高を増やすためには、収入と支出のバランスを見直すことが大切です。

そして私がおすすめするのは、「支出」の部分にフォーカスを当てて、出ていくお金を可能な限り抑えることです。

収入を増やすという方法ももちろん貯金を作る上では効果的です。ただし、実際にすぐに収入を増やすことは現実的な方法ではありません。

年収を上げるためのスキルアップや転職には、やはり時間がかかってしまいます。

そのため、いますぐ変えるべきは考え方やテクニックでコントロールがしやすい、支出の方なのです。

貯金ができない人ほど、コンビニで無駄使いしがち

貯金の残高を増やしていくためには、収入を上げるよりも余計な無駄遣いを減らすことで出費を抑えていくことがポイントとなります。

実は支出がかさんでしまう人というのは、数万円単位の大きな支出よりも、むしろ数百円単位の小さな支出が積み重なって家計を圧迫しているケースが多いのです。

というのも金額が数万円単位となる買い物というのは大型家電や旅行、家賃などその他生活費といった目に見えてわかりやすい内容の物が大半です。

そのため本人も出費したという自覚を持ちやすく、加えて気付かぬうちに必要以上に買い物していたという事態も起こりにくいのです。

数万円を超える支出を何度もしてしまえば、さすがに日常生活に支障が出ますからね。

そしてようやく本題に入りますが、数百円単位の小さな支払いが発生しやすいのがコンビニです。

例えば、ペットボトルの飲料やお菓子、レジ横に並ぶお惣菜などです。

「自分へのご褒美についでに買っておくか」と、入店する前は買う予定になかった商品を、ついついカゴの中に入れてしまう経験があるという人も多いはずです。

100円〜200円程度の買い物というのは無駄遣いしてしまったという自覚や罪悪感を抱きにくく、当人も無意識にしてしまいがちです。

ただし、塵も積もれば山となるように、コンビニでの日常的な無駄遣いは、気付かぬうちにその人の支出を圧迫します。

例えばコンビニに行くたびに300円、余計な商品をカゴに入れるとします。

この習慣を繰り返すことで1週間後にはおよそ2000円、1ヶ月後には1万円近い金額となります。1万円というのは、結構な出費ですよね。

これはあくまで1例ですが、毎日の何気ないコンビニでの買い物に寄って毎月の出費額があっという間に増え、なかなか貯金ができない事態を引き起こしていることは明白です。

目的の品をリスト化して、それだけを購入する

コンビニでの無駄遣いを減らすポイントは、コンビニに入った時には必要なものだけを買うことです。

決して「ついてだから・・・」と、余計なお菓子やジュースを購入してはいけません。

コンビニに行く前に、事前に購入する予定の商品を紙に書いてリスト化しておくと良いでしょう。

そうしてコンビニで100円単位の支出がなくなることで、毎月の出費が抑えられ、徐々に貯金を増やしていけるはずですよ。

まとめ

確かにコンビニはこちらの購買意欲を刺激するような、魅力的な商品が数多く販売されています。

至る所に店舗がある手軽さも、日々仕事で忙しい私たちにとって非常に便利です。

ただし、手軽だからといってコンビニに行くたびにお菓子やジュースを購入してしまうと、月単位で数千円〜数万円の支出金額となってしまいます。

貯金を増やしたい人は、収入を増やすよりも、まずは身近な小さな支出の方を見直してみてください。